革靴好きの皮肉屋さん

この世の中に不満や違和感を感じて生きている人たちの想いを革靴好きの管理人たあるあが代弁している毒吐きブログ

海外通販で個人輸入したときにハプニングとしてありがちなこと

スポンサーリンク

最近ではインターネットが発達して自宅でも海外の商品を購入することができるようになりました。

寝っ転がってスマホをポチポチしてれば簡単に輸入ができちゃうわけです。

 

まじでぶっ飛んでます。

昔の商人やバイヤーからしたらチート級の革命です。

 

未だに買い付けで海外に行く人もいますし、僕も勧められたことありますが、ケツかきながらスマホいじって輸入した方が1000倍は楽なので海外に直接行く必要はないでしょう。

実物を見てから仕入れたいって人もいますけどね。

めんどいじゃないっすか。。

そんなこんなで僕はよく海外通販で個人輸入をしているわけですが、

けっこう外人の売り手はてきとーな人が多く、荷物が届いた際に

 

え?

 

って思うような出来事も多くあります。

 

今回はそんな感じで「海外通販で個人輸入したときにありがちなこと」を書いていきます。

税関や配送センターで購入品が消滅する

お、これええやん!

ってなってポチポチ購入し、売り手もスムーズに発送。

届くのが楽しみで待ち遠しい。。

 

 

 

しかし、届かない。

 

待っても待っても届かない。

 

会いたくて会いたくて震える。

 

なぜだ。

 

追跡番号で調べてみると配送センターからずっと止まったまま。

 

売り手に問い合わせると

「ちょっと調べてみる」

とのこと。

 

数日経って返信。

 

「配送センターで処分されていたよ。申し訳ない」

 

 

うえええええええええうええええええええええええええええい!?

 

たまにあるみたいです。

よくわからない理由で処分、破棄され、行方不明になることが。

 

処分した職員を処分してやりたい衝動に駆られる一件ですね。

 

(ちゃんと返金はされました。)

 

忘れた頃に届く

これは特にあるあるですね。。

 

海外での個人輸入はとにかく到着が遅い。

国内みたいに

翌日に到着!

なんてことは1000パーセントありえないです。

 

なのでひたすら待つことになります。。。

 

 

しかし、

 

 

 

届かない。

 

いつまで経ってもいつまで経っても届きません。

 

そうやってもやもやしこしこしているうちに

 

 

届いた!!

 

 

なんてことがあります。

最速7日以内、平均的に2週間以内に届く傾向ですが、本当に遅いときは2~3か月かかりました。

 

こんなもん買ったっけ?ってなるくらい遅いとき、

 

たまーにあります。

謎の付属品が付いてくる

僕は主に靴、たまーに腕時計を海外から輸入してます。

ブランド物の靴なんかはたまにそのブランドのスペアの靴紐やシューズ袋、靴べらが付いてくることがあります。

 

が、たまーに何の関連性のないものが付いてくることも。

 

イギリスの靴を買ったら知らんメーカーのトートバッグが3つ付いてきたことがあったり、

ジョンロブの靴を買ったらなぜかノーブランドのエコバッグが付いてきたり、

IWCの時計を買ったら全然関係ないメーカー?のメダル?みたいなのが付いてきたり、、、

 

トートバッグやエコバッグは実用性があるので地味に嬉しいのですが、

メダルとかよくわからんものはゴミ捨て場扱いされているような気がしてならない。

 

外人のサービスっていまいちパターンが読めない。。笑

梱包が絶望的に雑な時がある

これは一番あるあるではなかろうか。

我らが日本人の販売者は比較的きれいな梱包をしてくれる人が多いです。

まあメルカリみたいなジャンキーなユーザーが多いショップでは

紙袋にそのまま革のバッグin

みたいにてきとーに梱包するポンコツ出品者もいますが。

せめて袋に入れてから紙袋入れようや。

 

まあ多少のムラはあれど比較的丁寧な梱包をする日本人。

反対に外人の販売者の梱包は丁寧な人がいたら珍しいレベル。

ゴミ入ってて当たり前、靴ホコリまみれで当たり前。

袋ぐしゃぐしゃ箱ぐしゃぐしゃ当たり前。

これでもかってくらいにスポンジをぶっこんで肝心の商品をスポンジクズまみれにされて送られたこともあります。

 

一番ビビったのがイギリスの名門高級靴・クロケット&ジョーンズの靴に

チ●毛が入ってたこと。

 

これはさすがにおらもびっくらこいた。

https://hoooolden.blog/entry/2018/10/07/120000

 

偽物が届いた

これもあるあるですね。

 

海外通販には中華系の業者も紛れ込んでいるので偽物を輸入してしまうこともあるかもしれません。

 

僕もレッドウィングの靴を輸入し、手にしてみたら

 

 

 

 

!?

 

ロゴはレッドウィングなのに革質がチン●ス以下でmade in chinaって書かれていたことがありました。

この手の偽物は取り締まりも厳しいので泣く泣く処分しました。。

 

偽物は気をつけてさえいればめったには遭遇しませんが、

結構あるあるでしょうね。

グーグル翻訳で頑張るけど何言ってるかわかんねえ・・・

海外通販で大きな障壁となるのが、国による言語の違い。

大体のユーザーは英語ですが、その英語の単語使いにクセがあったり、フランスやイタリア語だったり、、

そのたびに

はぁ?ってなってます。

 

しかもグーグル翻訳はけっこう和訳がガバガバなので

「私は配送を遅らせることはありません。最高に冷たい靴と最高の一日を。親愛なるありがとう。」

みたいにだいぶトンチの効いたトンチンカンオチンチンな和訳をしてくれるのでだいぶ困惑します。

 

まあ、現状として外国語→日本語(またはその逆)ができるだけでも十分すごいんですけどね。

翻訳ソフトは今後もっと進化してくれるといいですね。

 

いろいろ起こる個人輸入、ちょっとしたハプニングも楽しもう

はぁ?

ってなることもあるし

ええー!?

ってなることもあるし

おおー!

ってなることもあるし

トオンチンカンオチンチン

になることもある個人輸入。

 

今後はもっと敷居が下がり、より盛んに、便利になっていくことでしょう。

 

顔の見えないうえに国境を越えた取引ですから、ちょっとしたトラブルは起きやすいですが、そんなトラブルも楽しめるようになれば立派な個人輸入マスターってもんです。

 

個人輸入をやったことない人はぜひともチャレンジしてみてください。

 

 

運が良ければ外人のチ●毛が混じってるかもしれませんよ?