Sponsored Link



 

シケた空の下でやる一人バーベキューはシケた結果に終わった…。

皆さんはバーベキューは好きですか?

僕は好きです。

炭のニオイが少し染み込んだお肉や料理は室内のキッチンで作るそれとは一味違っておいしいですし、自然の音やにおいに触れながら食事する時間は贅沢の一言に尽きますし、一人ですし。

ということで懲りずに今回も一人、自宅の庭で一人バーベキューを実行。

まず事前に食材を仕入れておきます。

今回は気分をより盛り上げるためにビールも一緒に購入。

しかしノンアルコール。

居酒屋や社内の飲み会でビールを飲んだ際、悪酔いした経験があるからです。

靴屋時代の飲み会ではああまりにもひどい酔い潰れっぷりだったからか、ゲロにまつわるあだ名をつけられたこともあります。

でもバーベキューのお酒といったらビールかな、、、なんて勝手な先入観もありますので。

雰囲気だけでも楽しもうとノンアルコールビールにしたってわけです。

まあそんなこんなで準備を整えました。

今回は焼き鳥缶カレーライスとガーリックシュリンプをつくります。

ノンアルコールビールには先日の夕食で余ったパイナップルジュースをぶっこんでパインビアにします。

恐ろしいくらいにビールと相性抜群なこのメニュー。

おしっこちびりそうなくらいに楽しみです。

さっそく一人バーベキュー開始!

 

今回は新兵器がありまして。

ファイヤースターターと火吹き棒です。

このファイヤースターターは前回のようなブレスレットのおまけではなく、純粋にそれ一本のものです。

これをスリスッリして着火したらこの火吹き棒で空気とを吹き込みます。

この火吹き棒は「あるもの」を改造して作りました。

天気予報士や塾の先生がぶん回している指示棒です。

こいつの頭をニッパーやペンチでカットすれば一発で完成します。

故にコンパクトに折りたたみ可能です。

着火はこいつらにお任せします。

まずはビールで乾杯!

パイナップルジュースを適当に入れてのパインビア。

うーーん、うまいね。

僕は舌がお子ちゃまなのでビールは何かで割らないと飲めないんです。

先ほど書いたように飲んでもすぐ悪酔いするから結局普通にビールは飲めないんですがね。。

ノンアルとはいえ、普通に麦の香りがしてバーベキューっぽい!

いいね。

さてテンションも上がってきたのでお次は火を起こします。

新兵器・ファイヤースターターの使い心地や威力は十分。

無事に紙くずに着火させることができました。

 

そしたらすかさず火吹き棒で空気とを吹き込みます。

ふーっ、ふーっ

 

 

ふー

 

ふはははははは!どうだ!「俺の筒」から発射される空気の味は!?

すると火が勢いよく燃え上がり、いつものようにたき火のパチパチ音が

 

 

 

 

しない。

 

 

火が消えたーーーー!!

 

いや、そーゆーこともある。

めげずに再トライ。

 

 

 

トライし続けて10数回以上、1~2時間が経過。

場所を移動したり燃える新聞紙をアホみたいに足して燃やしてみるも全然木に火が乗らない。

 

なぜだ、なぜ燃えない!?

 

悪戦大苦闘!

 

 

すると

 

 

 

ポッ

 

ポツポツ、、

 

 

 

ポツポツポザアアアアアアアアアアアアアアアアくぁwせdrftgyふじこlp

 

 

 

あああああああああああああああああはっはっはhっはっはっはは

 

 

雨降ってきやがった。

絶望。

なんだこれ。

全部パーやん。

今までの努力も準備も全部パーやん。

 

 

 

雨の中、絶望して5分ほど動けなくなりました。

 

 

 

 

 

こんな感じに。

 

ああ、すごい悔しい。

初めて付き合った彼女にフラれた時以来の悔しさ。

 

なんてこった。

 

 

 

、、、、

 

 

絶望の中、何とか意識を取り戻し、とりあえず家に撤退。

 

 

 

 

 

仕方なくキッチンで普通に調理しました。

カレーはうまくいったけどエビは微妙でした。

 

 

それにしても

火って偉大。

火をこんなに手軽に起こせる仕組みを作り出した人は変態レベルで天才だと思う。

ほんと火ってすげえや。

ああ。

ってことで、

シケた空の下で一人バーベキューしたらシケた結末に終わったのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。