Sponsored Link



 

海外(アメリカ)ドラマや韓流(韓国)ドラマにありがちなことww

 f:id:hoooolden:20180622180826j:plain

 

 

僕はここ数年、ドラマといったら海外ドラマばっかり観るようになりました。

 

ERにNCISにホワイトカラー、バーンノーティス、ハワイファイブオーなどなど。。

 

挙げだしたらキリがないくらい腐るほどドラマが存在します。

 

 

また、僕の母は最近、狂ったように韓国ドラマを観ています。

 

 

なので僕もその横でチラッとそれら韓国ドラマを観ているのですが、意外と面白いんですねあれがw

Sponsored Link

 

 てな感じで海外ドラマ(この記事ではアメリカドラマのこと)や韓国ドラマを観ているとそれぞれ似たような演出やあるあるがあったりすることに気がつきました。

 

 

 

今回はそんな「海外ドラマや韓国ドラマにありがちなこと」を箇条書きでまとめてみたいと思います。

 

海外ドラマ編

 

・主人公の父親が行方不明。

・激しい銃撃戦時、遮蔽物に隠れて残りの銃弾数を確認「あと一発、そっちは?」「弾切れ」その後絶体絶命時に仲間が助けに乱入してくる。

・敵の罠にかかって刑務所行きにされる主人公。または潜入捜査として刑務所に囚人として潜入する回がある。

・↑他の囚人とケンカする、一人だけ浮いてる囚人がいてそいつと仲良くなる。

・本編メインストーリーのカギとなる敵を追い詰め、真実を聞き出そうと銃を向けたまま質問する主人公→カギとなる敵が真実を口にしようとした直後、遠方から狙撃。

・↑カギとなる敵が重症。重要なことを言いかけるも、わずかなヒントだけ残して息絶える。

ピザめっちゃ食う。

・聞き込み捜査に行った先がヨガ教室。

・聞き込み捜査に行った先がナイトクラブやパブ。

・チームに一人はいる、女好き。

・事件で殺害された被害者が実は浮気してた。

・フェイスブックとかツイッターなどのSNSに批判的な捜査官たち。

・聞き込み現場で聞き込み中、事件と関係がありそうな奴がこっちをちらちら、、→捜査官だと気づき、全力で逃亡→街中で鬼ごっこ。

・テレビの中継・取材的な感じでテレビ局がつきまとうドキュメンタリー風な回がある。

・開始後の冒頭のシーンがなぜか主役がピンチ。でそのままオープニング。そしてオープニング後「16時間前」的な感じで開始。冒頭シーンにつながるように回想的な感じで進行していく回がある。

 

ざっくりとこんな感じでしょうか。

他にもたくさんあるんでしょうけど、、挙げきれません。 

 

 

お次は韓国ドラマあるあるを、、こちらは時代劇と通常ドラマと2つあります。

 

韓国ドラマ編

 

時代劇

・主人公が初期時、あんまり強くない上に悪役の策や刺客によってフルボッコされる(ついでに父親とか殺されちゃうとか崖から落ちて死んだ扱いにされる)。

・↑しばらく行方不明に。

・↑フルボッコされたのをきっかけに鍛えて強くなる。

・↑数年ほど行方不明になる。だが偽名使ってなんらかの組織のボス格になって再び登場する。そして王宮にいる悪役たちに復讐するために暗躍する。

 ・↑行方不明になる前に恋仲だった女と再会。

女「もしや、、、あなたは○○様では?」

主人公「(ドキッ)、、、そんな男は知りません」

女「でも○○様にそっくりです」

主人公「○○という男など知りません。私の前に現れないでください!」

ってな感じでぐだぐだなるも、2~3話くらいであっさり正体がバレる。

 

 ・テビ様か王妃様がだいたい悪い奴と組んでる。後半辺りで悪巧みがバレて追放されるか毒殺される。

 ・女が男装してもなぜかバレない。普通に男の中に混ざって盗賊になったり兵隊になったりしてる。普通ありえないだろ。

 ・王様や主人公が黒ずくめの刺客に奇襲されて戦っていると親衛隊が駆けつけて乱闘になる。しかも王様や主人公は腕かどっかをちょっと切られる。

・「王宮の儀式で必要な装飾品が無い!」ってなってヒロインが罪に問われる。だいたい悪役サイドの策だったりする。

・ヒロインが罪を疑われて拷問され、髪の毛めっちゃくちゃになる。その夜、牢屋でぐったりしていると主人公の男が来て「私が必ず出してやる、、!」

・肩に触れたり手が触れたり、顔が近づくシーンでスローモーションになり、甘ったるい挿入歌が流れる。空耳で歌うとおもしろい。

・兄妹だったのに実は違った。そのまま恋愛モードに。

 

通常

 

・主人公は子供時代や学生時代からスタート。ある程度、主役とヒロインの恋愛フラグを温め、2~3話で一気に時間が進んで現代に。進学したり仕事したりしてるが、偶然過ぎるほどに学生時代に一緒だったメンバーが揃い踏みする。

・主役の男女、男は社長とか編集長とか基本幹部クラス、女はその部下。 

・女が主人公だった場合、その親友は通知表で「落ち着きが無い」って書かれてそうなくらい明るくてテンション高い。しかもイケメンみると興奮する。

・基本的にメガネかけたおっさんとパーマかけたおばさんはセットで主人公の味方。

・医療現場で赤髪・金髪が普通に働いている。でも下っ端。

・ヒロインがめっちゃ泣きながら恋人の男にボロクソ文句言う。正直、けっこううるさいw

 

ざっとこんな感じです。

 

 

また、

アメリカではスマートにストレートに愛を伝える。

ふつうにセッ○スとか言ってるしベッドシーン毎回のようにある。

完全に仕事仲間のコンビかと思いきや、シーズンが進むごとに恋愛に発展。

たまにすれ違って違う異性と結びついてしまう。

そこがもどかしい。

 

韓国ではツンデレ。

特に男がツンデレ多い。

女は甘えんぼうか、ツンとしたキャリアウーマン。

表現が不器用だったり肝心な時に想いを伝えなかったり、とかなりもどかしいいいい!

しかもわざとらしくも巧みに胸キュンシチュエーションを入れてくる。

 

こりゃあ枯れた熟年にウケがいいのもわかる気がします。

しかも意外とおもしろくて観ちゃう。

 

 

 

僕はドラマがあんまり好きではありませんでしたが、

 

海外ドラマ、おもしろいっすね!

 

 

日本のドラマはあんまり観ないのでもっと頑張ってヒット作出してくれるといいですね。

 

 

 

てな感じで、

 

この辺で。

 

 

さいなら。

 

 

最近の大学生って韓国人みたいな子多くないですか?僕の偏見かな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。