Sponsored Link



 

個人のネット靴屋が「ネット通販で靴を買う際に失敗しにくいポイント」をここに記す!

f:id:hoooolden:20180504002618j:plain

一応僕は個人事業主です。

元靴屋の経験を活かして個人でネット通販の靴屋をやっています。

あまり公にはしませんけども。。

最近では楽天・ヤフーショッピング・amazonなどのモールをはじめ、ヤフオクやメルカリなどの個人売買サービスもかなり発展しています。

メルカリに生息するキチガイは年々強烈になっているようですが。

www.hoooolden.blog

↑この記事のコメント欄にていろんな方がいろんな愚痴を吐いていってくれるのですが、メルカリってほんとにやべえ奴ばっかりなんですね。

普通または丁寧な人に出会えたらほんとに神に出会えたと錯覚してしまうレベル。

民度の低さに涙が出ます。全米が泣きます。目やにも出ます。

はい。

そんな通販サービスの発展がすさまじい昨今ですが、

「いいアイテムがバンバン買えたぜ!うほほーいい!」

ってわけでもないようです。。

どうやらネット通販では「買い物難易度の高いアイテム」なるものが存在するようで・・・

f:id:hoooolden:20180504002651j:plain

それが「靴」です。

Sponsored Link

 

ネット通販業界では

「靴の販売は鬼門」

と言われているようで、どのようにしたらお客さんが購入しやすくなるのか、日々頭を悩ませている様子。

いろいろ調査したところ、靴購入者からよく上がる声としては

・サイズが合わないことが多い。。

・カラーが思ってた色と違う。。

・古着の場合は写真に無いクラックやカビがある。。

がとても多かったです。

(購入者から「サイズが合わない。。」はけっこう言われます。そういう時は潔く返品を受け付けてます。)

やはり靴の場合、ネット通販では試着したり実物を確認したりができないので失敗が非常に多いようです。

ってことで今回は「ネット通販で靴を買う際、失敗しにくいポイント」を書きなぐっていくんでよろしくです。

以下、ポイントごとに軽く解説していきます。

自分の足のサイズを知るべし!

通販だろうが実店舗だろうが、靴を購入する際にスルーできないのがサイズです。

まず、第一、最優先に自分の足のサイズやワイズを知りましょう。

販売員時代、自分の足のデカさを知らないで靴を買っているお客さんがかなり多かったです。

試着して明らかにかかとが浮いててデカいのに

「これでちょうどいいです」

とかいってこちらの制止も聞かずに満足そうにリーガルを購入していったチェリーボーイ。

ゆるい靴履いてると頭ん中までゆるくなってそのうちゆるい女に引っかかるぞ。

俺ぁ知らねえぞ。

ってことで、足のサイズを靴屋の店員さんに測ってもらいましょう。

無料なので気軽に頼めますが、めんどくさがる店員もいるかもしれません。

でも勇気出して行きましょう。

自分の足のサイズを知らないと一生自分に合う靴と出会えませんし、通販でも失敗率上がります。

サイズ、ワイズ、あと寸法もチェック!

通販での買い物はショップや出品者によって書かれている情報だけが頼りです。

サイズ表記はUS?UK?EU?

それぞれcmに変換するとどれくらい?

わからなければブランド名とサイズの数字を入力して検索エンジンなどで調べ上げましょう。

US7は25.0cmくらいですが、ブランドによって違ったりもしますのでブランド名と一緒に検索するといいかもしれません。

サイズ表のサイトだけでなく、楽天などの通販サイトも引っかかりますが、あえて通販サイトに入ってみると探していたサイズ情報が手に入ることもあります。

ワイズは日本人だとE~EEくらいが標準だと思いますが、海外ブランドの靴だとAとかDとかいう足が壊死するんじゃねえかってくらい細いものもあります。(いや言いすぎました。普通に履けますよ?ただ細いんですよね。。)

なのでサイズはいつもより1サイズほど下げたほうがよかったりする場合も。。

また、寸法もチェックしましょう。

自分の足のサイズがわかっていれば、各部位の寸法から「この靴は足に合うのかどうか」をさらにイメージしやすくなります。

だがしかし、この寸法情報が商品ページに書かれているのかどうかが難しいところ。

メルカリでは各部位の寸法を書いている出品者が絶望的に少ない。

さすがメルカリ。どこまでも適当すぎる。

まあ一般の人が出品してるので無理もないんですが。。

なのでソール全長やソール幅、甲の高さなどを細かく書いている出品者をできるだけ探しましょう。

そこから自分の足の寸法と照らし合わせて検討していきます。

Sponsored Link

 

靴の写真を細かく載せているかチェックせよ!

通販の靴の写真はとにかくわかりづらい!

ほしい情報をまったく載せていない出品者やショップの多いこと多いこと。

最低でも

・全体

・インソールのロゴ

・ヒール(かかと)の具合

・ソールの具合

・サイズ表記や生産国の表記

・その他目立つキズや汚れ

などは写真でチェックしておきたいところです。

中古靴はインソールのロゴが消えていたり、かかとが修理寸前まで削れていたり、エグイ傷や汚れやシミがあることが多いのできちんと確認しましょう。

f:id:hoooolden:20180504002732j:plain

(インソールのロゴ、けっこう大事ですよ。中古はつるんつるんに消えちゃってるものもありますので。。)

それらの写真をきちんと載せていない出品者はズボラな素人か、状態の情報を曖昧に伝えてくる詐欺師なので(しかもNCNRとかほざいて返品させてくれない奴多し)気をつけましょう。

もしそれらの確認をめんどくさがって購入した場合は失敗率が大幅にアップします。

せいぜい覚悟してくださいね。

出品者やショップの「評価」をチェック!

だいたい、トラブルの多い出品者って評価のページでボロクソ書かれていたりします。

1.2個「悪い」や「普通」がついているだけならまだマシですが、10個前後「悪い」、数十個「普通」がついてるのはさすがにやべえかもです。

普通に取引きしていれば「悪い」なんてそうそうつきませんからね。

そうとういい加減なことやってんだなぁ。。と思います。

なのでちょっとでも「コイツやべえ」ってなったらそいつからは購入しないほうが良いでしょう。

あと評価10以下もたまにやばい奴います。

ある程度取り引きに慣れた出品者が安全です。

以上です。

まとめると

・自分の足を店で測って来い!

・サイズやcm換算したときのブランドごとのサイズ感、ワイズ、寸法をチェックして自分の足のサイズと合うかイメージしろ!

・写真は細かく載せているのかチェックせよ!古着は特に!

・悪い評価が10近くある奴からはできるだけ買うな。ダメ、絶対。

です。

これらはあくまでも多くの靴を買って売ってを繰り返してきた僕の基準、そして一方的な解釈によるものです。

素敵な一生物の一足と出会うのも、

高かったのに失敗して返品もできず、泣いて泣いて目の周りが目やにだらけになるのも、

あなた次第。。

ぜひとも素敵なネット通販生活を。。

逆に「靴を出品したい!」って人のために書いた記事もあります。

www.hoooolden.blog

靴の通販において出品者の目線も理解することで、買いたいときに注意する能力がさらに高まるかもしれません。。

また、失敗してしまった靴を売る際の参考にもなります。

では。

eBay公認海外オークションサイトセカイモンなら日本未発売のレアな商品や、ヴィンテージ商品が見つかる!円高の今こそ、諦めていた商品を手に入れるチャンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。