革靴好きの皮肉屋さん

この世の中に不満や違和感を感じて生きている人たちの想いを革靴好きの管理人たあるあが代弁している毒吐きブログ

せっかく就職したサロン(美容室)をたった5日で辞めた話~鬱になる前にさっさと辞めよう~

スポンサーリンク

ムカつく職場なんて病気になる前にさっさと辞めちまえっていう記事です。

僕の愚痴も混じってます。

 

 

 

 

f:id:hoooolden:20170625200730j:plain

世の中には就職している人、就職せずに仕事している人、仕事をサボってバイオハザード6のミニゲームであるマーセナリーズにハマって廃人になってる人など様々です。

 

 


3番目のは僕のことです。
バイオハザード6、クソゲーって言われていますがなかなか面白いです。

はい。

 


まあこんな僕でも人生で1度だけ就職していた時期がありました。

 

たったの5日間だけ。


僕は当時、美容師を志していたので専門卒業後は普通にサロン(美容室)に就職しました。
そこは常連客からは「この街で一番技術と接客が優れているサロン」とまで言われている高級な
サロンでした。


しかし就職してみてわかったのですが、このサロンはこの街一番のクソサロンでもありました。

Sponsored Link
 

 

 

なぜ5日で辞めたのか、愚痴のように書いていきます。


・悪口
女が多いサロンだったのですが、そうなると当然問題となるのが陰口や悪口です。

僕は入社したてで、かつ人より少し成長が遅い。
不器用、当時はさらに重度のコミュ症も。

これは叩くチャンス!と言わんばかりにこのサロンの女どもは僕に向かって全力で悪口をぶっ放してきました。特にお局のレセプション担当女。

 

僕と休憩が一緒になってそこで話した内容が気に入らなかっただけで悪口。

僕がお客さんの対応をするだけで悪口。

あげくの果てに「国家試験落ちればいい」と直接悪口。
(美容師の国家試験結果は卒業~入社より遅れて発表されることとなったため、僕は合否発表前からその会社に入社し、出勤していました)


国家試験落ちたら美容師になれないやーん。

美容師になれなかったらあんたらの戦力になれないやーん。

 

なんで雇った?なんで国家試験落ちればいい僕をチームに迎えた?

 

わけがわからない。

ほんとキチガイです。

 

 


・病気になる
当然、こんなクソ悪口がぶっ放されるクソサロンで勤務していたら病気になりますね。

僕は結構ナイーブな性格なので悪質な環境にいるとすぐ精神的に不調になります。

精神病は患うとなかなか回復してくれないので、このままクソサロンに勤めるのはかなりのリスクです。


・リラックスや丁寧さが売り?
そのクソサロンは「東京から持ってきた高い技術と丁寧な接客を提供する、時間を忘れてのんびりできるリラクゼーション的サロン」みたいな戯言をコンセプトにしているサロンです。

僕はそんなお客さんがリラックスできるサロンってのにあこがれて入社したのですが、現実は違いました。
お局とは別の先輩の悪口女(アシスタントリーダー的存在)の一人はきったねーヒールの靴でとにかくドスドス歩き、お客さんのイスの高さを変えるときもガンガン足でレバーを踏んでいました。

物の扱いもガッチャンガッチャン音立てるし、普通にお客さんへの言葉遣いも汚ねえしでとてもリラクゼーションサロンにふさわしくない人間でした。

まあその女、技術は器用なほうでけっこういい腕みたいでした。


でもこんな荒っぽい奴が現場の中堅格を仕切ってるなんてリラックスもクソもあったもんじゃない。これじゃコンセプトからややズレてるし技術がうまけりゃいいってもんじゃねえと思うんです。


・同僚がいて、そいつは優遇されていた
入社した会社には僕のいたクソサロンともう一つ、同系の姉妹店がありました。
僕と同時に入社した奴がいまして、そいつはその姉妹店に入りました。

そしてその同僚は異様に姉妹店の店長に気に入られてて、飲み会ではみんなの前で褒められまくり調子乗りまくり。
学生のときにそのサロンのパーティーなどで休み返上してお手伝いに行ったときも、同僚だけお手伝いの給料貰っていたのに僕は貰えず。

国家試験のときも応援メールは同僚だけに送られて僕には同僚伝いに応援メールの内容を知らされる。

などなど。

まあいちいち細かいけれども、モヤモヤする差別を学生時代からたくさん受けてきました。


・そして本音言うと、就職したくなかった
そもそも就職ってものをしたくなかった。

ずっと
「就職すると俺は死ぬんだ。これから毎日死んだ目をして一生を生きるんだ」

という偏った思い込みがありました。

こんな考えで就職したら当然辞めるのは時間の問題になりますね。

 

 

 

とまあこんな感じで僕は「街一番の高級サロン」を5日で辞めてやりました。

そしてまたの名である「街一番のクソサロン」を辞めた僕は屈辱を負わされるも、開放されました。

 

後日、噂によると、

優遇されて調子こいてた僕の同僚は気に入ってくれてたはずの姉妹店店長から異常なほどのパワハラを受けたらしく、鬱になって退職。

さらにその店長は問題を起こしてクビに。

僕のいた店もアシスタントのクソ女は結局辞めたらしく、未だに若手は誰もスタイリストデビュー出来ずに辞めていってるそうです。

いい加減な社長、お局クソ女、ポンコツスタイリストなど、トップはウ○コメンバーで構成されているのでめちゃくちゃな教育体制。

当然若手はついていけません。

 

ほんと鬱になる前に、しかも5日で辞めて大正解でした。

 

だらしないって思う人もいるかもしれませんね。

でも僕は鬱美容師になりたくて入社したわけじゃねーんすよ。
身内のくだらねえ悪口の犠牲になりたくて美容師志したわけじゃねーんすよ。

 


もし、就職して会社や先輩の理不尽さに苦しんでいる方がいたら言ってやりたい。

 

そんなクソ会社、ソッコーで辞めちまえ。

って。

 

 

すぐ辞めるなんて常識が無いどうのこうの、これから先どうするかどうのこうの、言われたり考
えたりすることはありますが、

 

てめえらと働いて病気になるくらいだったら無職のほうがマシだ。

って思いましょう。


それに会社なんて辞めてもなんとかなりますよ。

働いて死ぬよりマシです。

 

 

 

というわけで皆、

なんとかうまいこと生き延びましょう。