Sponsored Link



 

郵便局のお兄さんと社会の窓

こないだ、用があって近所の郵便局に行きました。

受付にいたお兄さんが郵便物の手続きやらお会計やらをしてくれるのですが、そのお兄さん 

 

 

Sponsored Link

 

ズボンのチャックが全快。

 

なんだ、郵便局は局員の股間まで民営化したのか。

 

などと、わけもわからないことを考えたくなるくらい僕は動揺したわけです。

 

さらっと僕の郵便物の送料を会計し、最後はぎこちなくとも爽やかな笑顔で挨拶してくれた局員のお兄さん。

 

しかしあいもかわらず股間は無造作にフル解放されている。

きっと忙しくてトイレで閉めるのを忘れたのだろう。

 

ああ、気の毒に、教えてやるべきか。

などとおせっかい心が働くも

 

でも見ず知らずの他人に股間のチャックの指摘をされるのも酷だよな。

俺だったらやだな。

うん、やだ。

 

ってなって結局放置。

 

 

きっとお兄さんは次のトイレまでそのまま股間の寺院からガネーシャ様をお披露目させていたことでしょう。

 

そしてその後僕もこっそり自分のズボンのチャックを確認しました。

 

大丈夫でした

 

他人が全快しているのを見ると気になりますよね、チャック。

 

チャック・スパロウ ワイセーツオブ見つかりイヤン

ヨーホー!

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。