Sponsored Link



 

バイキンマンとして、悪役として生きる。その重みとは・・・

ずっと見てきて ずっと考えてた。

バイキンマン目線でアンパンマンのストーリーや関係構成を見てるとあれほど損しているキャラはいない。

Sponsored Link

 

あんなに手が出せてかつ強力な武器を装備してるUFOをレバー2つで使いこなす操縦技術、

だだんだんなどの戦闘マシンを産み出す開発技術力もパン工場勢を超えているはず。。

 

なのに

元気100倍とかいう異常な覚醒どんでん返しや、

正義のヒーローだから勝つんだよ!

とかいう制作側の一方的な意図によってあっさりと敗退させられる設定。

 

さらにドキンちゃんと同棲しているのにも関わらず、そのドキンちゃんは敵である食パンに惚れている。

度々、アニメでも描写があったんだが、その女心に振り回されてる男、見るに耐え難い。

またさらにひどい回ではアンカレーそしてその憎き食パンによるトリプルパンチでのKO負け。

あれはもはやいじめです。

 

たまに気まぐれでキメ技でもなんでもないただの雑魚技「アンキック」によるKO終了もあるなど、適当に敗退させられることもちらほら。

 

まあ肘を使わないだけ某亀ボクサー選手よりは良いのかもしれないが。

 

ドキンちゃんに男心を都合よく揺さぶられ、 そのドキンちゃんが好きな男とその仲間にぼこぼこにされてもいつもハヒフヘホーと笑顔で言いながら汚れ役を買っているバイキンマンに対して 僕はある意味尊敬したい。

 

例えこれからアニメスタッフがなんらかの手違いとか起こしてこのアニメがシーズン2突入決定! とかになってしまっても バイキンマンまさかの降板!? 新しい悪役が登場か!? とかは避けてほしいものだ。

 

何がキミの幸せ?

 

何をして喜ぶ?

 

わからないまま終わる

 

そんなのは嫌だ。

 

教えてほしい。

 

 

そこんとこはどうなんだ、やなせ先生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。