Sponsored Link



 

靴の正しいサイズ選びの基準って?

前回

靴を長く履きたいならば正しいサイズ選びを!

では靴のサイズ選びを誤るといろんなデメリットを招きますよ!っていう記事を書きました。

今回はあくまでも基準ですが、サイズの選び方のお話です。

別にそんなに難しいものではないので自分のサイズ選びだけパパッと覚えてもらえればいいです。

Sponsored Link

style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-client=”ca-pub-9206927882317559″

data-ad-slot=”9718636228″>

基本的にまず自分の足のサイズを知っていることが大前提です。

それに応じて靴のサイズを探します。

サイズを選ぶ基準としては

・スニーカー、運動靴

足のサイズ+0.5~1.5㎝

・スニーカー以外の靴(革靴やブーツなど)

足のサイズ+0~0.5㎝

・子供靴

足のサイズ+1~1.5㎝

これぐらいが基準となります。

靴によっては基準から外れる靴もあるので必ず試着しましょう。

試着の際は

・靴と足のかかとを地面に垂直にしてトントンして合わせる

・靴紐をちゃんと締める

をしましょう。

人差し指の指先がちょうど1.5㎝くらいなので

つま先を人差し指で押して確かめます。

スニーカーの場合、これでちょうど人差し指一本分くらいの空き具合であれば基準的にはちょうどいいサイズです。

あとは足の横幅に合わせて靴を選びます。

横幅がパンパンな靴は足に合わないので却下です。

両側から手で掴んでみて少しゆとりがあればクリアです。

あとは実際に試着しながら歩いてみます。

歩いてみて違和感をみましょう。

何かが足に当たる・刺さるなど、歩いていると痛い、歩きにくい、重い、歩くと靴の中がきつい。。

などがわかります。

きちんと試着してチェックし、違和感なく、その靴を履けると判断できたらレジへGOです。

どうしても迷ってしまったら店員さんに聞きましょう。

よっぽど声かけがうざくない店なら売ることにがっついていないので、ちゃんとアドバイスしてもらえます。

時には高くてカッコイイ、かわいい靴を履くのも素敵ですが、基本的に靴を買う場合はサイズもよく考えてから購入したほうが長持ちしますし、歩きも安定するので見栄えもよくなります。

ぜひ参考にしてください。

Sponsored Link

style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-client=”ca-pub-9206927882317559″

data-ad-slot=”9718636228″>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。