Sponsored Link



 

今さら機動戦士ガンダムSEEDを振り返る

f:id:hoooolden:20170315230039p:plain

僕は半にわかなところもありますが、ガンダムが好きです。

たまに友達とゲーセンでガンダム エクストリームVSをやって廃人になってたりしてます。

今回はガンダムSEEDの脚本家の両澤千晶さんが亡くなられたということで、僕の中でガンダムSEEDってなんだったんだろうか…なんてふと振り返ってみました。

 

このアニメの僕なりの薄っぺらい解釈を書いてみます。

 

Sponsored Link

 

とにかく今までのガンダムの中でぶっ飛んでいる印象です。

最初、主人公で民間人のキラが戦争に巻き込まれ仕方なく敵であるザフトと戦っていて、民間人が迷いながら戦争に巻き込まれていくという、ガンダムではよくあるパターンなシナリオだと思いました。

そして途中で親友のアスランと交戦して死亡…したかと思いきや、 フリーダムガンダムとかいうわけのわからない強さを誇る化け物ガンダムに乗って味方のピンチに登場。

 

たった一機でその戦況をひっくり返し、その後の戦いもフリーダムガンダムはアホみたいな無双っぷりを見せつける。

 

後半はアスランも味方となり、ジャスティスガンダムとかいうこれまた高性能なガンダムに乗って戦うもんだから、最終決戦時のアークエンジェルはほぼ無敵状態に見えました。

とはいえ敵もポンコツガンダムトリオ、最後ではクレイジー変態仮面クルーゼのプロヴィデンスガンダムなど鬱陶しく強い輩が揃っていました。

 

プロヴィデンスガンダムのドラグーンシステム?でしたっけ? オールレンジ攻撃の。

あれ卑怯ですね。

 

でももっと卑怯なのがピンチに発動するキラやアスランのSEED。

あれどうなってるんでしょうね? 交感神経?アドレナリン?科学的に考えてもあんな能力出せません。

 

でも僕も昔、よく真似してました。 学校のテストの時間切れ間近や、遅刻寸前の時に目の中でSEEDが発動することを妄想して暗示させ、問題解いたりありえないくらいのスピードで自転車をこいで遅刻してました。

 

そんなすごいSEEDパワーに圧倒され、クルーゼさんの乗ったプロヴィデンスガンダムを撃破、ガンダムSEEDは終わりました。

 

ガンダムSEEDで感じたことは

・絵がきれい

・ピンチにプッツンってなる火事場の馬鹿力すげー

・フリーダムつええええ

・SEED発動!って言って真似するやつ多し

スケベなシーン多し

 

でした。

僕みたいなにわかガンダム好きはなかなか楽しめる作品です。

そして そこから続編でデスティニーという無印をもしのぐぶっ飛んだ話が登場するのですが、これは次回に。

 

 

www.hoooolden.blog

 

 

 

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。